ビーポーレンとは


花粉は花の咲く植物の雄性配偶子であり、ミツバチは植物の生存を確実にする他家受粉を主に担っています。花粉はミツバチが花から花へ飛ぶときに毛深い体に集まります。それからミツバチは体についた花粉を手入れして、彼らの後ろ足の上にある「花粉バスケット」に花蜜と一緒にそれらを貼り付けます。これらは蜂の花粉として知られている花粉の顆粒です。


蜂はそのタンパク質、ビタミンそしてミネラルのために、そして特に雛を育てるためとローヤルゼリーを生産するために花粉を必要とします。PollanNationのミツバチから採れる花粉は、一度、数週間オンになり、オンの期間にミツバチは、巣箱に戻った際に足から顆粒の一部を取り除きます。

医学の父であるヒポクラテスは、花粉が長寿命の一因となっていると考えており、それが最も栄養価の高い天然食品であると認識されるにつれて、ますます普及してきています。最近では、ドイツの医療委員会が花粉を薬として認めたほどです。


花粉は250種以上の栄養成分と何千もの有益な酵素、補因子とホルモンで生命を維持するのに必要とされるほとんどすべての栄養素を含みます。

ビタミンB群、ミネラル、酵素、アミノ酸、抗酸化物質および植物栄養素の高い、生物学的利用能な源です。

牛肉の7.5倍の鉄分を含み、牛肉、卵、チーズよりもタンパク質が多く含まれています。



それに花粉は、多くの健康と美容の利点を持っていると報告されています。

*免疫サポート、ストレスの軽減、睡眠、花粉症の緩和、細胞の再生、消化器の健康、性機能、受胎能、前立腺の健康、皮膚の弾力、エネルギー、スタミナ、放射線治療や癌治療からの回復と保護、そしてもっと多くの利点も報告されています。

すでにスーパーや自然食品店で販売されているビーポーレンは、ヨーロッパ産が多く、ニュージーランド産のビーポーレンと大きな差があります。

ニュージーランド産は特に質が高く、農薬や殺虫剤などの混入の心配のない信頼性のあるもので、さらにニュージーランドにしか生息していないマヌカやカヌカといった植物から採れる花粉でもあります。

37回の閲覧